もしも、低能アラフィフが教養に目覚めたら

生涯で学んだことを記録として残すブログです

昨今の円安の加速をどう見るか?

円安とは何か?

⚫円安とは、為替レートが下がり、1ドルが多くの円で交換できる状態を指します。

⚫これにより日本の円の価値が下がっていることを意味します。

⚫例えば、一ドルが100円から150円になる場合、これを円高ドル安といいます。

 

現状の円安の信仰

⚫2021年初めには1ドル105円だった為替レートが、2020年4月現在では1ドル158円まで上昇しています。

⚫これは過去34年で最も低い円の価値とされています。

⚫円安は急激に進行し、4月24日155円、29日160円突破するなど、変動が激しいです。

 

円安が進む背景

⚫円安の進行にはいくつかの要因があります。

⚫主に、日米間の金利差が大きく影響しています。

アメリカの金利が上がると、ドルが魅力的になり、人々はドルを買い、円を売るため円安が進みます。

⚫また、経済のグローバル化により日本の経常収支も重要な役割を果たしています。

 

円安の影響

⚫円安にはメリットとデメリットあります。

⚫メリットとしては日本の輸出企業は得をすることが挙げられます。

⚫たとえば、海外で販売される商品の価格は、円安によって実質的に低くなっても競争力が増します

⚫一方で輸入品の価格が上がるため、生活費が増加するなどのデメリットもあります。

 

今後の展望とまとめ

⚫現状では日本の金利が低く、世界経済の変更が激しいため、円安が進む可能性が高いです。

⚫特に新NISAの導入により、日本人の海外投資が増え、これが円安を加速させるかもしれません。

⚫しかし、世界的な経済政策や市場の変動により円高に転じる可能性は完全には否定できません。